代表取締役社長

スタンリー ゼット

スタンリーはレバースタイルの代表取締役社長( 現任)です。

スタンリーはビジョンと革新で高く評価されて、2018年EY(Ernst & Young)(年度企業家賞)を受賞。キャリアの初期に、2009年に香港工業連盟から(香港青年工業家賞)を受賞。CNBCや他のビジネスニュースチャンネルで頻繁にゲストスピーカーを務めています。

スタンリーは、香港テキスタイルカウンシルの名誉会長であり、香港のほぼすべての主要なアパレルおよびテキスタイルトレードアソシエーションを代表する業界団体です。 彼は2017年に香港の最高経営責任者を選出する選挙委員会のメンバーとして繊維およびアパレル部門を代表しました。

業界に熱心に携わるスタンリーは、ペンシルベニア大学ウォートンスクールの学際的な研究センターでありイノベーションシンクタンクである、ジェイH.ベイカーリテールセンターの理事を務めています。

彼はまた、香港繊維工業会の名誉会長、香港縫製製造業者協会の副会長、香港縫製製造業者  連合会の理事、香港荷送人評議会の理事、元香港会員 ポリテクニック大学の繊維および衣料産 業に関する諮問委員会、香港政府の繊維諮問委員会の元メンバーです。

業界外では、スタンリーは通商産業省の中小企業委員会の委員を務め、中小企業に影響を与える問題について香港政府に助言しています。 彼はまた、香港消費者評議会の元理事長、ヤングプレジデンツオーガニゼーション(YPO)の香港支部の元会長、メンサの香港支部の元会長、ペンシルバニア大学同窓会クラブの元会長も務めています。

レバースタイルに参加する前、スタンリーはJ.P.モルガンの投資銀行部門とPAMAに勤務していました。スタンリー はPAMA取締役会に勤務、ポートフォリオ戦略と管理などを担当しました。

スタンリーは、優秀な成績でペンシルベニア大学ウォート学院を卒業し、財政学、経営管理論、法学を専攻しました。

最高経営責任者

エディ チャン

エディはレバースタイルの社長兼最高執行責任者で、2017年から最高経営責任者です。

2015年にレバースタイルに入社する前、エディはEsquelグループで最高執行責任者でした。Esquelはアパレル紡績のグループであり、貿易部、生産部、技術開発などの様々な分野で上級管理職を歴任しました

エディはTALグループ、ローズグループ、マスト インダストリーで経験を積むことからキャリアをスタートさせました。彼は香港理工大学経営学の博士で、会計、財務分析、紡績技術などの分野で学士、修士を取得しています。

エディは の香港繊維衣料協会の元会長、イギリス紡績協会特殊の元パートナー、香港マーケティング研究所の元メンバー、GS1香港の理事会メンバーを務めています。

最高財務責任者兼最高執行責任者

デレック リー

デレックは2015年最高財務責任者としてレバースタイルに参加して、2017年最高執行責任者を兼任しています。

1996年から2014年まで、デレックはPegasusグループで最高財務責任者、副社長、秘書を務めました。Pegasusグループは香港に上場の靴メーカーで、PegasusグループはNikeやL.L.Beanなどのブランド靴を生産しています。

Pegasusグループに入る前、德勤会計事務所(Deloitte Touche Tohmatsu)で8年間務めて、監査マネージャーとしてPegasus上場の準備に携わっていました。

デレクは公認会計士(CPA)であり、英国のベルファストのクイーンズ大学で経営学修士(MBA)を、香港工科大学で繊維工学の高等学位を取得しています。